一般社団法人パウダーフーズマイスター協会一般社団法人パウダーフーズマイスター協会

<マイスター制度とは?>
Meister=巨匠・名人と略される。

各社・個人が保持している、特機技術の定着化・継承化と普及を目指して、ドイツで産まれた職業教育制度を言います。
全国技能士会連合会が、製造業に特化した、マイスター制度の導入を98年度から展開。その後、サービス業(掃除技能や警備技能など)や販売業(NTTドコモなど)の制度が新設され今日に至っております。
国や都道府県が導入している、
①技術育成・評価したマイスター制度(横浜マイスター制度・おもてなしマイスター=総務省・地域観光マイスター=長崎県・大分県など)約100種。
②組合や各種業界団体が構築した、マイスター制度(豆腐マイスター・コーヒーマイスターなど商品名を冠にした制度展開約350種類)。
③技術育成・ノウハウ育成型マイスター制度(ドコモの販売士5段階制度・ダスキンの掃除マイスター制度など約50種類)が、展開されています。

(類する資格制度として、野菜とワインのソムリエ制度があります)

一般社団法人パウダーフーズマイスター協会の設立

全国からお料理好きを公募し、短期間で育成し、マイスター講師として育成します。

新規メニューの構築

●パウダーフーズを活用した、レシピをマイスター希望者と連携して構築します。
●ターゲットを決めたレシピ開発を行います
① 病院患者向け
② 介護・老人ホーム向け
③ 幼稚園・保育園向け
④ 学校
⑤ スポーツ栄養管理士向け
⑥ 離乳食
⑦ 妊婦向け栄養管理用食事向け

 などテーマに沿って公募していきます。

働き方改革にも準拠します。
栄養士会や管理栄養士などとも連権強化を図ります。

副業・サイドビジネスも同時支援


1、働き方改革の制定で、既存勤務者でも、土日など空き時間を別の収入のある業務に   就くことができるようになった。
2、地方でも、自分の都合に合わせた料理教室の開催が可能・・自宅開放型でもOK
  コワーキングスペースが各所に増えてきている=廉価で定期的に利用可能
3、講師が、パウダーの販売代理店機能を併設します。
  ①お料理教室の材料として活用
  ②個人的に欲しい人への注文受注代行
  ③パウダー活用の新メニュー構築キャンペーンの展開
4、地域専門店とのコラボにて、新規メニュー開発も同時に展開します。
などの活動を展開します。